internet

NURO光のルーターはONUだけで問題なし。更には無線機能も搭載。

女の子
NURO光を導入しようと思ってるんだけど、ルーターってどうしたらいいんだろう?自前のモノじゃダメなの?レンタルってやってないの?NURO光みたいな高速回線を十分に活かせる、おすすめのルーターなんかも知りたいな。

 この記事を読むことで、NURO光を使う際のルーターをどうするべきか理解することができます。さらに、NURO光のような高速回線を利用する際のおすすめルータなんかも紹介してるので、オンラインゲームなどされてて、回線速度を気にされる方は新しいルーターを購入する際の参考になります。

 筆者はIT、OA機器販売の営業をしており、ITパスポートなどの国家資格も保有してます。実際に現場をまわり、パソコンやインターネットの回線を提案することも多く、ルーターなどのネットワーク機器を提案する機会も多いです。常日頃よりユーザーの声に耳を傾けている為、知識と経験を踏まえて記事を作成しています。

NURO光のルーターはONUだけで問題なし。更には無線機能も搭載。

 ONUとは光回線終端装置のことで、光信号をデジタル信号に相互変換する為の機械です。光回線でインターネットをする場合必ずあるのですが、NURO光の場合はONUにルーター機能と無線機能が搭載されているので、別途無線機能付きのルーターを購入する必要がありません。

 一般的なONUはルーター機能や無線機能が搭載されていないケースが多いです。なので、別途無線機能付きのルーターを購入する必要がありますが、NURO光の場合は、送られてきたONUを取り付ければ、有線でもWi-Fiでもインターネットを利用することができるので、設定がとても簡単です。

レンタルの無線ルーターの種類は?

 ONUはNURO光を契約すると貸し出されるのですが、貸し出されるONUにはいくつか種類があるようです。送られてくるONU(ルーター)は全部で6種類あるようで、機種によってはWi-Fiの下りの通信速度が450Mbpsのものもあるようです。これはWi-Fiの通信規格の関係で、古い規格のものは通信速度が遅いです。

レンタル機器一覧です

ポイント

・IEEE 802.11acに対応している機種

こちらの場合、Wi-Fiの下り通信速度は1.3Gbpsです。

ポイント

・IEEE 802.11acに対応していない機種

こちらの場合、Wi-Fiの下り通信速度は450Mbpsです。

レンタルの無線ルーターは交換できるの?

 速度が遅い、Wi-Fiが繋がらないなどONU本体に不具合がありそうな場合は無償でONUを交換してもらえます。それ以外にも、通信規格が11acに対応していないONUを設置している場合でも無償で交換をしてくれるようです。チャットサポートに問い合わせしたら、そのような回答でした。

 

ルーターを自前で用意するケースってどんな場合?

 インターネットを有線だけで利用する場合は、レンタルのONU(ルーター)で十分OKです。Wi-Fiも利用したいとなった場合は、Wi-Fiを接続する範囲によりますが、別でBUFFALOなどの製品を購入した方がいいケースもあります。

 NURO光のONUはルーターとWi-Fi機能も兼ね備えてるのですが、Wi-Fiの届く範囲や、Wi-Fiとしての機能は、市販の製品の方が優れていると思われます。

 私もBUFFALOのWi-Fiルーターを使っていますが、接続範囲がとても広いため、快適なインターネットライフを楽しんでいます。

 

BUFFALOのWi-Fiルーターで、注目すべき機能

BUFFALOのWi-Fiルーターを購入する際に、注目すべき機能をまとめてみました。特に、Wi-Fi6は今後の主流となる規格ですので、高速通信を実現する為には、付けておきたい機能ですね。

 

ポイント

バンドステアリング

 Wi-Fiの電波の周波数帯は2.4GHzと5GHzがあります。2.4GHzは他の機器からの電波干渉を受けやすいが接続範囲が広いというのが特徴です。5GHzは電波干渉はほとんど受けないが、接続範囲が2.4GHzと比べて狭いという特徴があります。バンドステアリングは、周囲の電波強度や対応帯域を判別し、2.4GHz帯と5GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動で振り分ける機能です。

ポイント

干渉波自動回避機能

 周りの電波や干渉波を感知して自動で最適なチャネルを選択するのが「干渉波自動回避機能」です。電波干渉のある環境でも安定した通信を実現することが可能です。

ポイント

ビームフォーミング

 Wi-Fiの電波をアンテナから特定の方向に強めたり弱めたりする機能です。Wi-Fiを接続している端末へ電波を強めたり、弱めたりすることで、通信できる距離を伸ばしたり、感度を向上させることで、安定したWi-Fi接続ができるようになります。

ポイント

Wi-Fi6対応

 Wi-Fi6とは、新しいWi-Fi規格のことです。簡単に説明すると、通信速度が従来のものより向上しており、複数端末の接続の際の安定した通信の実現、セキュリティレベルの向上と、最新規格だけあって良いことづくしです。

 ただ、Wi-Fi6に対応した端末でないと接続できません。iPhoneだとiPhone11とiPhone SE(第2世代)が対応しています。Wi-Fi6対応機器市場は急速に伸びてるようで、Wi-Fi6の規格は今後主流になることは間違いありません。

NURO光の対応ルーター 高速回線を活かす為のおすすめルーター

 

おすすめルーター3選

WXR-5950AX12シリーズ

このルーターの特徴は、とにかく通信速度が速いことです。インターネットに接続するWANポートとLANポートの双方で10ギガに対応しているのも特筆もの。おかげで「NURO光10G」などの高速インターネット回線の実力を存分に引き出せます。

「ネットを速くしたい」という人にはまさに至高のルーターといえます。

WSR-5400AX6シリーズ

動画再生に強い5GHz帯がさらに高速化。高画質な動画配信サービスなど大きなデータを扱うコンテンツなども、好きな場所で好きな時により楽しむことができるモデルです。

・死角のない内蔵アンテナ設計
5GHz 2本、2.4GHz 2本のハイパワーアンテナを内蔵。また、内蔵アンテナ配置の最適化により、電波がムラなく同心円状に電波が飛びます。

・たくさんつないでも速度が落ちにくい
複数端末の同時通信を可能にする「MU-MIMO」に対応。1x1のスマホを最大2台で同時通信でき、快適な通信が可能です。

WSR-1800AX4シリーズ

上記モデルと比べる、接続可能台数や、電波の飛距離は劣るものの、Wi-Fi6やIPv6のしっかり対応しているため、一人暮らしの方や、コストを抑えたい方におススメです。価格が1万円を切りますが、NURO光などの高速回線を利用するのに十分なスペックです。

まとめ

 NURO光のONUがルーターとWi-Fi機能を持ち合わせているというのは、機器の設置や回線の系統図的にもシンプルな為、取り付けるだけで簡単に高速インターネットを利用することができるようになります。

 Wi-Fiの通信速度や接続範囲、安定した通信をする為の機能など、こだわりがある方は、別途Wi-Fiルーターを購入することをオススメします。高速通信のインターネット環境を構築し、快適なネットライフを実現しましょう!

スポンサーリンク

-internet

© 2021 JTBlog