web

Windows defender実際使ってみてウイルス対策として十分だった

女の子
Windows defenderの性能が上がって利用してる人増えてるみたいだね。 有料版を買わずに、Windows defenderだけのウイルス対策で十分なのかな?

 

 私は以前、McAfeeの有料セキュリティソフトを利用してました。PCの起動時が重くってイライラしたり、勝手にスキャンが始まるなど、ストレスに感じてました。

 仕事上、ウイルス被害にあった人を実際にみてるので、まあセキュリティだししょうがないかと諦めてました。

 ところが、ここ最近でWindows defenderのセキュリティ機能がかなり向上しているという情報を耳にしたので、McAfeeのライセンス更新はいったんせず、Windows defenderを実際に1年間利用してみましたので、気づいた点や、思ったことを記事にしました。

 

 筆者はIT、OA機器販売の営業をしており、ITパスポートなどの国家資格も保有してます。

 実際に現場をまわり、パソコンやインターネットのセキュリティに触れることも多く、正しい知識を持たないと広告の案内や、電話口の営業の言われるがままになってしまう、そんな状況を変えたく、ブログを書いてます。

 

Windows defender実際使ってみてウイルス対策として十分だった

 ※画像はWin8.1でのWindowsdefenderです

 

 Windows defenderはWindowsのOSに最初から搭載されているプログラムで、ウイルス対策ソフトがパソコンにインストールされていない場合、このWindows defenderがウイルス対策として機能します。

 必要最低限の機能しか搭載されてないという口コミが多いですが、年々、性能が向上しているようなので、私が実際使ってみての感想となります。

 

Windows defender良かった点

 Windows defenderを実際に1年間つかってみて良かった点として、先ずPCの動作がめちゃくちゃ軽くなったことです。

 特にPC起動時で、まともに操作できるようになるまで時間がかかってたんですけど、かなり短縮されました。

 ウイルス対策ソフトの場合、PCにインストールし利用するのですが、Windows defenderの場合はもともとOSに搭載されたプログラムの為、PCの動作負荷が少ないのだと思います。

 あと、PCのウイルスチェックのスキャン自体も手動です。バックグラウンドで勝手に始まり、動作を重くさせることもありません。

リアルタイム保護で、常にマルウェアからの脅威を監視してくれます。

試しにテストウイルスをダウンロードしたところ、しっかりブロックしてくれました。↓

 

定期的にスキャンをかけると、より安全に使えると思います。

スキャンは数分で終わるクイックスキャンと、データ量にもよりますが数時間かかるフルスキャンがあります。

いずれも、スキャン中に動作が重くなることはありませんでした。バックグラウンドで走らせましょう。↓

 

ポイント

・パソコンの動作がかるい

・勝手にスキャンが始まることがない

・リアルタイム保護で、常にマルウェアからの脅威を監視

 

Windows defenderの評価

 代表的なセキュリティソフトの性能や速度などを検証する第三者機関である、「AV-Comparatives」が発表している、サマリーレポート2020では「Real-World ProtectionTest」という部門で17製品中で銅賞に輝いてます。

参照:https://www.av-comparatives.org/tests/summary-report-2020/

 Real-World Protection Testとは4カ月間行われる長期テストで、これはソフトウエアがインターネット由来の脅威に対してパソコンに悪影響を及ぼさないよう防御できるかをテストするものです。

 

 この17製品というのは、ウイルスバスタークラウドやカスペルスキーといった有料のウイルス対策ソフトなども含まれてます。

 

 そんな有料ソフトがテスト対象である中、Windows defenderが3位(銅賞)に輝くのはウイルス対策ソフトとして、安心できる結果だと思います!

 

Windows defender悪かった点

 Windows defenderをつかってみてココはちょっと微妙かもという点もありました。

 まず、有料のウイルス対策ソフトと違い、サポート窓口がないことです。

 有料ソフトの場合、インストール方法や、ソフトの動作に関する技術的な問い合わせ窓口があるのに対し、Windows defenderはそれがないので、自分で調べて設定のカスタマイズや動作の確認をする必要があります。

 パソコンの操作にある程度知識がある方は問題ないと思いますが、万が一の際にサポートの恩恵を受けたい方にとってはデメリットになると感じました。

 基本的には、デフォルトの設定で問題ないと思いますが、気になる方は有料のソフトの方が安心できると思います。

 

まとめ

 今回はWindows defender実際使ってみて感じたことを記事にしてみました。

 Windows defenderの性能は過去に比べて向上しているということと、それを裏付ける第三者機関のお墨付きもあるので、有料ソフトを買わずしても十分であることが分かりました。

 もう、マカフィーのライセンスは更新しません!(笑)

 ただ、やはり現状としてはカスペルスキーやESETなどと比べると機能性は劣りますので、マイクロソフトさんには更なる機能の向上をお願いしたいですね。今後は、Windows defenderがあればウイルス対策ソフトはいらないよ。というところまで実現してほしいです(笑)

スポンサーリンク

-web

© 2021 JTBlog